結婚の知識

婚約とは? 婚約スタイルはさまざまです♡ 婚約指輪やお返しはどうするの⁉

投稿日:2019-07-22 更新日:

婚約するとは、プロポーズされて結婚を承諾したらすぐに婚約したことになるのでしょうか?

婚約に形式はあるのでしょうか?

 

婚約とは?

婚約とは結婚の約束をすることで、当事者の二人の間で将来の結婚について合意していれば成立します。

婚約はふたりの間の口約束だけでも有効で、形式に決まりはなく法的な手続きもありません。

ですからプロポーズを承諾した時点で婚約したことになります。

 

けれども、

婚約の形式に決まりがないからこそ、婚約したことを周囲に公表することに意味があります。

本人たちに『結婚するんだ』という自覚を持たせるという意味合いや、親にとっても子どものパートナーを新しい家族として迎えるという心構えができます。

 

婚約のスタイルはさまざまです

婚約したことを周囲に公表する方法にはどんなものがあるでしょうか?

 

かつては結納をすることが正式な婚約と考えられていましたが、最近では結納をするのは少数派です。

婚約のスタイルはさまざまですので両家で話し合って決めましょう。

 

結納をする

古くから日本で行われている婚約方法が結納で、結納品の交換をもって婚約とするスタイルです。

結納のやり方は地域によってしきたりなどが違いますが、大きく分けて2種類あります。

 

①正式結納

仲人が両家を往復して結納品を届けるスタイルです。

これが本来の結納の形なのですが、両家が遠方だったりすると正式結納はなかなか難しいのが現状です。

 

②略式結納

女性の自宅や、ホテルや料亭などの個室で両家が一堂に集まって結納品を交わすスタイルです。

略式結納も仲人を立てる場合と仲人を立てない場合の2種類あります。

 

両家の顔合わせ食事会

最近では、両家の顔合わせを兼ねた食事会を開いて結納のかわりとするスタイルが増えています。

両家のみでレストランや料亭などで食事会を行います。

両家顔合わせ食事会には決まった形式はありませんが、なごやかに親睦をはかりながらも、今後の具体的な相談も忘れずにしましょう。

 

婚約パーティ

家族や親しい人たちを招いて、レストランなどでパーティをして、ゲストの前で婚約を披露するスタイルです。

 

婚約式

もともとはキリスト教徒が神の前で婚約を誓った儀式です。

第三者立会いのもと、婚約の誓いを立てるスタイルで、ホテルや結婚式場などで人前婚約式を行う場合もあります。

 

婚約記念品の交換

特にセレモニーは行わずに、二人で婚約を記念して贈り物をを交換するスタイルです。

 

婚約通知書を出す

婚約したことを友人や親族にハガキやカードなどで広く知らせるスタイルです。



婚約記念品について

婚約記念品は、婚約の証として相手に贈るもので、婚約のスタイルに関係なく、贈るのが一般的です。

 

男性から女性に贈る婚約記念品

男性から贈る婚約記念品と言えば、婚約指輪(エンゲージリング)です。

やはり女性にとって婚約指輪は憧れです。

婚約指輪を身に着けることによって婚約した実感を味わうことができますよね。

婚約指輪の相場は

婚約指輪はプラチナ台にダイヤモンドや誕生石をあしらった指輪が定番です。

以前は「婚約指輪は給料の3か月分」と言われていましたが、実際には30万円から40万円程度が相場と言われています。

20代、30代、40代と年代によっても相場は変わってきます。

 

今どんな指輪が人気なんでしょうか?

婚約指輪人気ランキングで見てみましょう⇒婚約指輪人気ランキング

 

女性から男性に贈る婚約記念品

結納をした場合は結納返しとして贈っていたものですが、結納をしなくても婚約指輪のお返しとして、贈るのが一般的です。

女性から男性に贈る人気アイテムは腕時計です。

女性と違って男性は、婚約指輪を身に着けることはありません。

そのため、「腕時計」なら指輪と同じように男性が毎日身につけられるものなので、人気の品となっています。

腕時計を見てみる

その他にはスーツやネクタイピンなども人気です。


婚約指輪のお返しの相場は

お返しの相場は、頂いた婚約記念品の5割以下で10万円~20万円程度が主流となっています。

二人の記念となる品をお互いに無理のない金額で選びましょう。

両家顔合わせの基礎知識 に戻る

-結婚の知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

結婚式の引き出物・引菓子・プチギフトの選び方とおススメは⁉

引き出物の由来は古くは平安時代、客人へのお土産として「馬を引き出して贈ったこと」にあるといわれています。 今では馬は品物に代わりましたが出席してくださったことへの心からの感謝を込めて贈るものです。 記 …

挙式はどんなスタイルにする?|親も知りたい今どきの結婚

結婚式は通常、神聖な儀式である挙式と親族や親しい人たちに結婚の報告とお披露目をする披露宴で構成されています。 親世代の挙式のスタイルといえば神前式がほとんどでしたが、今はキリスト教式が主流のようです。 …

息子の結婚【披露宴の席次】|親も知りたい今どきの結婚

招待状を発送したら早い人で3日後には出席の返事が返ってきました。 出席の返事が返ってくると嬉しくなります♡     目次1 招待状の返事到着1.1 返信はがきの書き方2 招待客の人 …

婚礼衣装を選ぶ【和装の場合】色打ち掛け 紋付羽織袴で前撮りも

  挙式のスタイルが決まったら次は婚礼衣装選びです。 女性にとって婚礼衣装は幼いころからの夢やあこがれがありますので何を着るかは新婦のほうがリードして決めることが多いようです。 目次1 新婦 …

憧れのウエディングドレス♡種類と選び方 【納得のいくドレス選び】

ウエディングドレスは女性の憧れ💓 納得できるドレスを探すために、親も一緒に衣装合わせに同行しましょうね。 実際、たくさんあるドレスの中で選ぶのは大変なので、新婦一人で試着に行かないで、 …