式場探し

これで安心!ブライダルフェアに初めて行く時の注意点と服装や持ち物

投稿日:2019-06-30 更新日:

結婚が決まって、いざ結婚式場探しを始めようと思っても何から始めたらいいのか分からない人も多いと思います。

そんな時はブライダルフェアに参加するのが一番です。

ブライダルフェアとは、各結婚式場で行われるウエディングのイベントのことです。

具体的なイメージがまだわからなくても、ブライダルフェアに参加することで自分たちの結婚式のイメージもはっきりと固まることでしょう。

ブライダルフェアはほとんどが無料で行われていますので、デート感覚で気軽に参加することができます。

とは言え、何も考えずにフラーっと参加するとその場の雰囲気にのまれて後で後悔することにもなりかねません。

ブライダルフェアに行くにも準備は必要です。

 

まずはどれに行くべき? ブライダルフェア診断

まずはどれに行くべき?ブライダルフェア診断

 

ブライダルフェアに初めて行く時の注意点

まずはライダルフェアで、どんなことが体験できるのかを知っておきましょう。

ブライダルフェアで体験できる6つのこと

①模擬挙式

新郎新婦役のモデルのが模擬挙式をあげます。

ゲストとして参加できるので式の流れや雰囲気などもわかります。

 

⓶模擬披露宴

トータルコーディネートされた会場で模擬披露宴を体験できます。

ゲスト目線で会場や新郎新婦の見え方などをチェックでき、披露宴の進行や演出、スタッフの動きも確認できます。

 

③試着会

ウエディングドレスの試着ができます。会場に映えるシルエットも研究して、試着姿は写真に収めましょう。

 

④試食会

婚礼料理やデザートが試食できます。

試食会には「無料」と「有料」の2種類あり、現在は無料の試食会が増えています。

味や盛り付けやボリューム、スタッフのサービスも確認しましょう。

試食会は人気で、予約制が多いですのでお早めの予約をおススメします。

マイナビウエディングではこんなのありました。

 

お肉が無料で食べられるブライダルフェアあります💛

 

⑤会場コーディネートの展示

披露宴用にテーブルコーディネートされた会場を見学します。

実際の雰囲気が確認できます。

 

⓺カウンセリング

ブライダルフェアを見学して気になったところをプランナーに相談できます。

個別の見積もりなども出してもらえます。

 

ブライダルフェアには2種類ある

ブライダルフェアには大規模フェアと個別フェアがあります。

大規模フェア

ブライダルフェアで体験できることほとんどすべてが体験できます。

土日祝日に開催されることが多く、時間も3~4時間くらいで長いですが一日ですべてを体験できるのがいいですね。

1日ですべてを体感できる大型ブライダルフェアに行ってみよう

個別フェア

すべての体験はできませんが、平日の昼間や夜の開催もありますので、忙しいけどゆっくりと見たいという人にはおすすめです。

 

ブライダルフェアには誰と行く?

基本的にはだれと参加してもいいようです。

カップルだけでなく友達や家族、そしてカップル+親とでもOKです。

予約の際に確認しておきましょう。

マイナビウエディングのウェブ予約のフォームでは、参加人数は1人から4人まで入力できます。

 

実は母親だってブライダルフェアに行きたいものです。素敵な会場や演出も見たいですもの。。。誘ってくれると喜びます!

 

 

ブライダルフェアに参加して特典をもらう時の条件『カップルでの参加』となっている場合は、カップル以外での参加では特典がもらえませんのでご注意くださいね。

 

ブライダルフェアの予約をする

ではブライダルフェアの予約をしましょう。

予約なしで参加できるとこともありますが、基本予約は必須です。

直前まで予約を受け付けているところもありますので、あきらめないで予約をしてみてくださいね。

直接会場に連絡をしてブライダルフェアを予約をする方法もありますが、ブライダルサイトからのWEB予約が断然お得!です。

特典がついてます!

こちらからあなたのお住いの地域ご希望の日にちを入力してブライダルフェアを検索してみてください。

 


マイナビウエディングからブライダルフェアを検索してみる

 

ブライダルフェアに行く前に考えておく4つのポイント

この4つのポイントを考えておくだけでブライダルフェアに行った成果に差が出ます。

①結婚式を挙げる時期

大まかな日取りを考えておくと空いている日を見てもらえます。

⓶招待するゲストの人数

人数によって会場の広さも変わってきます。

③結婚式費用の予算

見積もりをとる際により明確になります。

④どんなスタイルの結婚式にするか

なんとなくでもいいので、和風にするか洋風するか等イメージを持っていると自分たちに合ってるか合ってないかがわかりやすります。

 

ブライダルフェア当日気をつけること

・一か所の会場だけで即決するのは避けましょう。当日成約すると特典が増えると言われても、必ず複数の会場を訪れて比較検討してから決めましょう。

・用意されたプログラムやイベントを体験するだけでなく、会場の親族待合室や着替え室など施設全般のチェックも忘れずにしましょう。

・しっかりと見ているつもりでも多くの会場を回っているとどれがどこの会場だったかわからなくなったりします。メモはしっかりと取っておきましょう。

 

ブライダルフェアに行く時の服装

基本、普段のデートの時のキレイ目の服装でいいです。

やはり場所は結婚式場ですので、ダメージジーンズや短パンなどカジュアルすぎる服装は周りから浮いてしまうため避けましょう。

また会場を歩き回るので歩きやすいフラットシューズやローヒールがいいです。スニーカーだとちょっとNGですね。

 

ウエディングドレスを試着をする場合の服装

ウエディングドレス試着会の場合、脱ぎ着しやすい服装にしましょう。

下着も色物は避け肩紐の外せるものを着ていくといいでしょう。

脱ぎ着が簡単な服装やワンピースがおすすめです。

靴も履いたり脱いだりしやすい靴でブーツは避けたほうがいいでしょう。



ブライダルフェアに持っていくといいもの

・デジカメ

もちろんスマホのカメラ機能で十分です。撮影の際は会場担当者に許可をもらって、比較検討するために写真に残しておきましょう。

・メモ帳・筆記用具

会場での気になるポイントはメモしておきましょう。

・羽織れる上着

会場の温度差対策に持っておくと安心です。

・その他

髪の毛をまとめるためのゴムやシュシュ。 髪の毛の長い人はドレスを試着する際には必要です。

 

まとめ

結婚式場は、写真で見るのと実際に見るのでは雰囲気が違うと感じることが多いですので、気になる会場はどんどん見学してみましょう!

通常3~4会場見学する人が多いようです。

複数見学することで、各会場の見積もりも比較検討できます。

ブライダルフェアの予約はブライダルサイトからのWEB予約が一番お得!

早めに予約をしましょう。

 


マイナビウエディングからブライダルフェアを検索してみる

 

1日ですべてを体感できる大型ブライダルフェアに行ってみよう

 

-式場探し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新郎新婦

結婚式費用を抑えて、素敵な結婚式を挙げる方法

  結婚にかかるお金はかなり高額です。 結婚費用は「婚約」から始まって「結婚式」「ハネムーン」そして「新居の準備」と多岐に渡ります。 その中でも多くを占めるのが「結婚式の費用」です。 &nb …

知らなきゃ損!2019年秋 マイナビウエディングキャンペーン情報❣

マイナビウエディング オリコン顧客満足度2年連続No.1ありがとうキャンペーン始まりました! マイナビウエディングからブライダルフェアに参加もしくは式場見学を予約して結婚式場を成約すると全員もれなく選 …

今どきの結婚式場の探し方 

親世代の頃の結婚式場の探し方は、地元の結婚式場や親戚や友達が使ったことのある式場に直接出向いてパンフレットをもらってきて決めるというのが普通でした。   そう、結婚式場を選ぶのにあまり選択肢 …