結婚の知識 親の結婚準備

結婚式費用の支払い時期と方法知っていますか⁈|銀行振込の注意点もあります

投稿日:2019-06-11 更新日:

結婚式の費用は、いつ支払うのでしょうか?

私は結婚式当日、披露宴のあとで支払うものとばかりと思っていました。

けれども...

一週間前までに指定口座に振込むようにと請求書が送られてきたのです。

 

息子に確認していなかったのもいけなかったのですが、

披露宴終了後、新郎新婦は二次会の会場へと向かいバタバタとするので、とりあえず、母親の私がクレジットカードで支払おうという心づもりでいたのです。

クレジット会社には利用限度額を結婚式のためということで事前にアップしてもらい、準備は万端だったのですが…。



 

結婚式費用の支払い時期は?

結婚式費用の支払い時期は結婚式場により違いがありました。

一般的には、結婚式費用は大きな金額なので、式場側も突然のキャンセルは困るので前払いが主流となっています。

早い段階で親も支払い時期の確認をしておくことをおススメします。

 

結婚費用の支払い時期は3パターン

それぞれメリット、デメリットもあります。

 

前払い

結婚式の数日前までに支払いをする方法です。

 

追加料金の清算のみ結婚式終了後に行います。

結婚式当日は支払いのことを考えなくてよいのですが、前もってお金の準備が必要です。

ご祝儀をあてにするができないのは残念ですね。

 

当日払い

結婚式当日、披露宴が終わってから支払う方法です。

 

追加料金も含めきっちりと精算できますが、現金払いの場合は当日大金を持っていなければならないので、何かと慌ただしい結婚式当日、お金の管理が心配です。

 

ご祝儀を支払いにあてることも可能ですが、結婚式が終わってバタバタとお金の計算をするのはちょっと大変です。

ご祝儀をあてる場合はあらかじめ段取りを考えておくことが必要ですね。

 

後払い

結婚式の翌日以降に支払う方法です。

 

結婚式が終わった後なので、ご祝儀も確認でき、落ち着いて支払いができます。

ただ、あてにしていたご祝儀が足りないなど、予定と異なった場合の資金調達が大変となります。

 

結婚式費用の支払い方法は?

結婚式費用の支払い方法も結婚式場によって違いがありますので、事前の確認が大切です。

 

結婚式費用の支払い方法は3種類

現金払い

結婚式費用は大金ですので現金の持ち運びには気をつけないといけませんね。

 

クレジットカード払い

クレジットカードで結婚式費用を支払うことができれば、ポイントやマイルを相当貯めることができお得感がありますよね。

また、一括払い、分割払い、ボーナス払いなども利用できます。

でも気をつけていただきたいことは、クレジットカードには利用限度額があるということです。

一般的なカードでは結婚式費用すべてをカードで支払うだけの限度額はありません。

ご利用のカード会社に連絡をして利用限度額をアップできるかどうか事前に確認しておきましょう。

クレジットカード払いができる結婚式場でしたら使わない手はありませんのでお忘れなく!

 

私が利用しているエポスカードは結婚式のためということで事前に利用限度額をアップしてくれました。

けれど。。。うちが利用した結婚式場は支払い方法は銀行振込みのみでしたので残念でした。

 

銀行振込

銀行振込は指定された口座に振り込む方法です。

窓口に現金を持っていけば簡単に振り込めると思われるかもしれませんが、今のご時世、法令改正の関係で本人確認が必要となる場合があります。

振込期日のギリギリに銀行に行って、振り込めなかったということにならないように自分が利用する銀行の振り込みに関する情報を確認しておくと安心です。

 

銀行振込には3種類方法があります。

以下は私が利用している三菱UFJ銀行の例です。(2019年6月現在)

ご自身のご利用銀行でもお調べくださいね。

 

・インターネットバンキングからの振り込み

24時間365日利用でき、時間帯によっては即時入金できる場合もあり便利です。

 

・ATMからの振り込み

ATMでは現金での10万円を超える振り込みはできません

(国際的な要請に基づくマネーロンダリング/テロ資金供与防止のための本人確認に関する法令の改正にともなうものです)

ATMからキャッシュカードによる口座からの振り込みはできます

 

・銀行窓口での振り込み

窓口では10万円を超える現金での振り込み取引時確認といって本人確認書類の提示と、取引を行う目的・職業等の確認が必要です。

窓口で自分の口座からの振り込みなら本人確認は必要ありません。

 

詳しくは三菱UFJ銀行HP をご覧ください。

 

うちの場合、結婚式費用は結婚式の1週間前までに指定口座に振り込むという方法でした。

振り込みはインターネットバンキングを利用しました。インターネットバンキングは自宅のパソコンやスマホから簡単に利用でき、振込手数料も安いです。

けれど、他の通帳の口座からインターネットバンキングを利用する口座への資金の移動には時間がかかりました。

というのもATMからの引き出しは普通のキャッシュカードでは1日50万円までなので一度に引き出すことができなかったのです。

 

普段銀行口座から50万円以上を引き出したりすることもなかったのでウカツでした。

銀行振込みの場合は時間に余裕をもって行いましょうね。

 

マイナビウエディングでは費用の支払い時期や方法も検索できます

結婚式費用の支払い時期や方法は結婚式場によってそれぞれ違います。

でもそのことを知っていて式場選びをする人は少ないと思います。

 

マイナビウエディング
では、最初から支払い時期や支払い方法を検索して式場探しができます。

 

実際に式場を検索してみましょう。

スマートフォンとパソコンでは画面が違いますので、それぞれで説明しますね。

 

スマートフォンで式場探し

マイナビウエディング
サイトをひらきます。

②『式場を探す』を選びます。

②『エリア』を選びます。

③『条件』を『変更』を選びます。

  • 会場タイプ
  • ゲスト人数
  • 挙式スタイル

それぞれ開いてわかる範囲で選びましょう。

④『♡こだわり』をひらきます。

『支払い』をひらきます。

すると4つ支払方法が出てきます。

 

  • ローン利用可
  • 後払い可 
  • カード払い可
  • 当日払い可

 

ご希望の支払い方法を選んで検索してみてください。

 

パソコンで式場探し

マイナビウエディング
こちらからサイトを開きます。

②エリアを選びます。

③検索条件の絞り込みの欄から

  • 挙式スタイル
  • 会場タイプ
  • 招待人数

わかる範囲で選びます。

④『こだわり条件』中の『もっと詳しい条件から探す』をひらきます。

⑤『こだわり条件』の中に『支払い』があります。

『支払い』の中に4つの支払い方法があります。

  • ローン利用可
  • 後払い可 
  • カード払い可
  • 当日払い可

どれかを選んで式場を探してみてくださいね。



まとめ

結婚費用の支払い時期や支払い方法はそれぞれの式場によって違っています。

自分たちが使う式場の支払い方法はどうなのか、契約の時にきちんと確認しておきましょう。

結婚式では決めること、確認することが山のようにあります。

でもお金のことは大切なことです。

 

そして結婚資金が心配な人や

クレジットカードを使ってお得にポイントを貯めたい人は、

『希望の支払い方法が使える会場から結婚式場を選ぶ』

という方法もあることを知っておいてくださいね。

 

-結婚の知識, 親の結婚準備
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

結婚指輪

結婚式当日親がすること タイムスケジュールの把握|親の結婚準備

息子の結婚式の朝となりました。 何かと慌ただしい朝ですが、今日一日は長いので、朝食をきちんと食べることがまず一番です。 特にお嫁さんは朝食を食べておかないと昼食も十分に取れるかどうかわかりませんので少 …

洋服選び

【両家顔合わせ】母親の服装をレンタルしてみる

結婚が決まっていよいよ両家顔合わせ。 母親がまず悩むのは服装のことでしょう。   手持ちの服をいろいろ合わせてみてもピーンとこない。 この際だから服を新調しようかしら... でもあまり着る機 …

披露宴の流れの中で親がすること|親の結婚準備

チャペルでの挙式が終わると、挙式参列者はお庭に出て新郎新婦を待ちます。 新郎新婦がカリヨンの鐘を鳴らし、花嫁さんのブーケトス、そして参列者全員での写真撮影が行われました。 披露宴会場前では受付とウェル …

ドレス

母親の結婚式ドレスをレンタルしてみる レンタルするって意外と簡単!

挙式スタイルの主流はチャペル婚となり、小人数の結婚式や家族婚、リゾート婚など結婚式の形式も多様化してきました。 それとともに母親の服装にも変化がでてきています。 定番だった黒留め袖からドレスを着る方が …

挙式はどんなスタイルにする?|親も知りたい今どきの結婚

結婚式は通常、神聖な儀式である挙式と親族や親しい人たちに結婚の報告とお披露目をする披露宴で構成されています。 親世代の挙式のスタイルといえば神前式がほとんどでしたが、今はキリスト教式が主流のようです。 …